50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

日給ラーメン一杯の国

 

 

f:id:yoshimura1210tan:20170909192352j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20170909192406j:plain

 

先日、マカティを歩いていたら、新しいラーメン店を発見した。

 

ここはロビンソングループのコンドミニアム SIGMAというブランドの1階に新しく開店したNAGIというチェーン店のラーメン屋。

 

このシグマは準高級ブランドと言っていいコンドミニアム

 

1杯4000ペソ+サービスチャージ。

 

フィリピンのラーメンはしばしば、フィリピンテイスト(甘くなる)に変化してしまうものだが、ここは日本と同じレベル。

 

思わず替え玉まで頼んでしまった。食べすぎ・・・・。

 

替え玉も入れて500ペソを超える。

 

500ペソと言えば、マカティでも1日の法律で定められた最低賃金を超える。

 

そんな高い店だが、フィリピン人で大賑わいであった。

 

30席程度の店内に10名のフィリピン人スタッフが働いている。

 

恐らくその大半が一日の法定最低賃金と同額程度の賃金だろう。

マカティでも仕事の機会はそれなりに多いが、単純労働やある程度のデスクオークでも最低賃金に張り付いた給料の場合が多い。

それだけ仕事を求める若い人が多いのだ。

 

交通費の支給も普通はない。

 

1日 働いて目の前の客が食べるラーメン1杯。

 

家賃はそれなりに高いだろうが、仕入れや人の管理がきちんとでき、味がきちんと保たれれば、利益率はかなり高いように思う。