50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

フィリピンで鍋。

フィリピンで鍋。

 

マニラでおいしいものを食べようとするとなかなか苦労する。

 

マニラフリークの方なら、だれでも知っていること。

 

ローカル食だけで過ごすならば、一食200円300円で過ごすことはできるだろうが、

日本人と味覚の違うフィリピンのローカルフードはなかなか日本人には苦しい。

 

そういう意味ではタイの方が暮らしやすいだろう。

 

日本にいる時と同レベルの食生活を満喫しようとすれば、日本よりはるかにコストがかかる。

 

いろいろ試してみると2回に1回または3回に2回は「この値段でこの程度なのd!?!」とがっかりすることが多い。

 

先日私のお客さんが2泊3日でいらしたときは、「フィリピンでもおいしいものがあるんですね」という感想をいただいたが、それは私が厳選した店に連れて行っているに過ぎない。

 

滅諦にしない自炊をフィリピンではすることがあります。

近くのスーパーで材料をそろえて鍋を自分でつくってみました。

 

白菜 小さめ1個  36ペソ

サーモン 1切れ  200ペソ

鶏肉 150グラム   30ペソ

 

たれ(味ぽん)はフィリピンではなかなか、手に入らないので、日本から持ち込み。

 

実はフィリピンの白菜は日本で買うより味が濃く、悪くありません。

 

サーモンだけはバカ高いですが、全体としては、そこそこおいしくいただけたかなと思います。

 

糖質ダイエットをしている人にもおすすめできると思います。

 

f:id:yoshimura1210tan:20171030163726j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20171030163732j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20171030163741j:plain