50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

世界で一番幸せな女性たち(ある意味で)

世界で一番幸せな女性たち(ある意味で)

 

f:id:yoshimura1210tan:20171028171819j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20171028171827j:plain

 

マカオのカジノに入ると女性のスタッフが出迎えてくれる。

 

みな背が高く、目を見張るばかりの美女たちだ。

 

実はこの女性たちの一定割合はフィリピン人。

 

知り合いのフィリピン人女性たちに、冗談で下記の写真2枚をラインで送ってみた。

 

「彼女たちとあなたの中で、だれが一番美しいと思う?」と質問した。

 

その答え

 

全員が「もちろん 私!!!」という。

 

全員 「OF COURSE!!」を付けている。

 

私の目からみて、その友人たちは、それなりに可愛い女の子たちだとは思うが、

断トツ!!というほどではない。

 

ここまで同じ答えとは・・・・・。予想はしていたが、やはり驚いた。

 

フィリピンではポジティブシンキングというか自己肯定感が強い。

 

「私はかわいい」「だれよりもうつくしい」とかなりの女性が本気で思っている。

日本人物差しからみたら、せいぜい平均くらいとおもっても、その大半は「私ってきれい」と本当に思っている。

 

「わたしなんて・・・」「どうせ・・・・」なんて言葉を聞いたことはほとんどない。

 

日本人だったら、心の底で思っても、それを口に出すのははばかれる。

 

どんなに美人の女優でもそれを公に口にすれば、評判は落ちてしまうだろう。

 

もう一つ、フィリピン人女性は「太ること」を全く気にしていない。

 

フィリピン マカティを歩いていれば、半分以上の若い女性は日本でいえば「太っている」にあてはまる。

 

でも彼女たちは全く卑下していない。

 

実際に「病気か!?!?」と思うような巨大な(若い)女性が男の子たちと楽しそうに、今にも踊りだしそうに楽しそうに話している様子をしばしばみる。

 

日本だったら「痛~い」視線のあらしだろう。

 

数少ない、大学の日本の友人(高校教師)に言わせれば「(日本では)女の子で太っていたら、全く誰にも相手もされなくなる。まるで死ね!と無言で言われているようなもの」

 

実際に、日本の若い女の子たちの中で、過食症などの病気を除いて、太っている女の子はごくごく少数だろう。

 

みな日本の中にある無言のプレッシャーを感じとって、言うまでもなく、その流れにしっかりあわせているのはないだろうか。

 

フィリピンではハイクラスの男が女性を選ぶ時も女性の体型は関係ない。

 

女の子たちもそれを知っている。

 

自己肯定感が強く、太ることを気にしないで自由に食べられる。

 

ある部分ではとても幸せな環境だとはいえるだろう。

 

ただ一つの例外は、日本人オーナーのカラオケ。できるだけスリムな子だけをそろえようとしている。

 

中で働く女の子たちも日本人や韓国人の要求に合うように、太らないようにしている。

太ったら、仕事にすごく不利になることをだれもがしっている。