50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

フィリピン小話 フィリピンの大学

フィリピン小話 フィリピンの大学

 

先日、ある女性との会話。

 

「今日、大学のテストが終わったの。やっと終わった。大変だった。たぶん合格したと思う」とのこと。

 

彼女は、「ホテル&観光」というコースを専攻。

 

内容を聞いてみると「南アメリカのこと」とのこと。

 

さて、例えば「ブラジルの観光名所とフィリピン人向けのマーケティングの注意点」

 

みたいなテスト問題でも出されたのかなと思って、さらに質問。

 

よく聞くと

 

南アメリカの国の首都の名前が問題だった」だと。

 

大学2年生の試験問題が、南米の国の首都名?!?!?!

 

さらに日本語のテストもあったそうだ。

 

やはり試験問題を聞いたところ

「わたし」とか「こんにちは」をひらがなで書かせる問題だったそうだ。

 

フィリピンの教育レベルは低いとは聞いていたが、ここまでとは思わなかった。

 

彼女たちはその世界しか知らないので、それが当たり前なのだろう。

 

若い労働者が多く、雇用の機会がそれに比べて少ないフィリピンではホワイトカラーにつくには最低限 大学卒業の資格が必要。

 

それでも膨大なスタンドバイ(待機者)が存在する。

 

彼女の通っている「大学」がどの程度のレベルか、私は知らない。

もし、日本だったら、ある程度のビジネススキルがあれば、必ずしも大学には行かなくてもいいかもしれない。

 

また大学にいる4年間にいろいろなことを経験しておくのも悪くない。

 

私自身、大学で勉強したことはごくわずかだったと思う。

よほど社会人になった後の方が本を読んだり、ノートをとったり、自分で研究したことの方が多い。

 

フィリピンでは、とにかく、最低限 大学を出なければ、最初の一歩にさえ立てない。

 

その一歩が、この程度試験内容ならば、その力にはあまり大きな期待はできないのかもしれない。