読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

ある日本人の選択

ある日本人の選択

 

10年ほど前、私がタイの北部を個人旅行していたときの出来事。

 

当時はまだ海外で携帯を持つことが普及した出したばかりのころ。

 

つまり私はもっていなかった。

 

ツアーに出かけた私は、バスの中で次の予定に間に合わず困っていた。

 

日本人らしい同年代の男性に声をかけて携帯を貸してもらった。

 

私には珍しく、気が合って、そのあとに半年に1回くらいずつ会うような関係が続いていた。

 

ある時、彼は「日本の会社を辞めてタイに来ました」という。

 

私が理由を聞くと「日本の生活がつまらなくなってしまった」とのこと。

 

確かその時、彼は、40代前半。

 

特に若々しいわけではないが、年相応の中年男性だった思う。

 

まだ当時は日本人はタイではモテた。

 

1年後彼は、

「40代の自分が4人の女性と付き合っているんですよ」と嬉しそうに話していた。

 

そして彼はそのうちの1人が妊娠したことで、日本人流に責任を取って結婚した。

 

その後、数年間は私と交流が続いた。

 

彼は日系会社の現地雇用員として働きだした。

 

日本円にして20万円ちょっとの給料。

 

中進国となったタイ、バンコクでもまあ普通よりやや上の生活ができていたようだ。

 

ただ、生活の中心は子供(娘)になる。

 

夫婦の愛が消えても彼は、娘のために全力を尽くす。

 

家賃3000バーツ(今のレートで1万円)安いところにも引っ越した。

 

「娘にいい教育を受けさせるためには、お金が必要なんです」と彼はいった。

 

そしてぼそっと言い残した。

 

「タイに移住しても特に何かが変わるわけではありませんでした。家族のために必死に働き、将来に備える。子供のために頑張る」

「一番 楽しいのは、日本で稼いで、一定期間タイで楽しむという生活スタイルだと思います」

 

特に連絡を取り合うこともなくなり、もう5-6年が過ぎる。

 

もう娘さんは中学生くらいになったはずだ。

 

どのような生活をしているのだろうか。

 

今度、連絡を取ってみようかなと思っている。