読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

フィリピンの日本人向けカラオケの新しい顧客層。

海外移住生活 フィリピン

フィリピンの日本人向けカラオケの新しい顧客層。

 

 全体としてはフィリピンに来る日本人がタイに比べて減少傾向にあると先日書きました

 

増えるバンコク減るマニラ

http://blog.livedoor.jp/m1210yoshiharue/archives/15457695.html

 

フィリピンには日本人を主なターゲットにしたカラオケが多数ある。

 

日本でいうキャバクラとクラブの中間みたいな感じ

(といっても日本でそういう遊びをしない吉村は正確には比べられません)

 

90分 ビールなどの飲み放題付きで 500ペソ~1000ペソ。

女の子を1名指名して、ドリンク1杯飲ませてあげて1500ペソ~2000ペソといったところです。

 

正確に言えばフィリピンのカラオケは風俗ではない。

売春を前提としていない。

タイのほとんどカラオケのようにお金さえ出せばそういう遊びができるのとは大きく違う。

 

そういうことがいわゆる疑似恋愛を生みやすい土壌となって、ハマる人はハマる。

 

(お前はどうなのか!!という質問はここでご容赦ください)

 

ただ全体としてはフィリピンカラオケの利用者も減ってきているようだ。

かつてカラオケのマネージャーとして経験と資本を蓄えたフィリピン人がオーナーとして独立したケースも散見する。

 

カラオケ店の数はこの5年でかなり増えたが、逆にそこで遊ぶ日本人は減ってきている。

2番目の顧客である韓国人も本国の不景気を反映してか、減ってきている。

 

そんななかで、最近存在感を増してきているグループがある。

 

それはずばり「フィリピン人」である。

 

ただカラオケのオーナーや女の子たちからすると、このフィリピン人の評判はすこぶる悪い。

なぜから、90分飲み放題で、お酒とカラオケを楽しむだけだからだ。

 

こういう場合、女の子はローテーションといって15分~30分交代で席に着く。

その費用は掛からない。

彼女たちは本来、そこで気に入ってもらって、指名を取りたいのである。

 

ところがほとんどのフィリピン人たちは、ドリンクも出さない。女の子も指名しない。

 

店からすると、女の子からするとあまりいいお客様とは言えない。

あまりいい顔をみなさんしない。

 

ただ最近はどこの店でも、こういうフィリピン人グループが目につくようになってきた。

1000ペソというのは、マニラでも最低賃金の2日分。

日本の感覚でいうと、15000円くらいか、あるいはもう少し上か。

 

15000円でキャバクラに行く日本人なら、多数いる。

そういう感覚のフィリピン人が増えてきたともいえるし、フィリピン人の一部が小金を持てるようになってきた証拠ともいえる。

 

私の狭い世界の経験談なので、一般化するのは適切ではないかもしれないが。

 

私が年末に年越しをした タイの高級クラブはメインのゲストはタイ人富裕層

 

駐車場にはフェラーリもあった

(私のお客様に言わせると、タイのフェラーリは日本の3倍くらいする。その方のが5000万円くらいだから、1億円は軽く超える・・・とおっしゃっていた)

 

こちらは会員になるだけでも2万バーツ。約68000円。1回あたり2万円くらいは軽くかかる。

(やはりお客様は、銀座よりずいぶん安いですよねとは言っていましたが)

 

タイ人の富裕層にはこのような遊び方はすでに一般化している。

 

さてフィリピン人のお金持ちはどこで、遊んでいるのだろうか?

1月10日から10日ほど日本には帰ります。

2月に帰国予定はありません。

興味のある方は、連絡ください。

 

吉村雅夫 個人コンサル&問い合わせフォーム

 

日本で最もユニークな生命保険アレンジ ガンになっても入れる生命保険

http://blog.livedoor.jp/m1210yoshiharue/archives/14419257.ht