50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

東京駅の自販機 売り切れ続出!! らしい。

 

f:id:yoshimura1210tan:20180421222742j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20180421222751j:plain

 

東京駅の自販機 売り切れ続出!! らしい。

 

自販機に飲料を運んでいる会社の従業員がストライキを起こしている。

 

ストライキといっても日常業務はきちんとこなし

 

残業代が支払われない限り残業はしない。

昼間の1時間の休憩はきちんと確保する。

 

 

 

 

 

と言った程度のことだ。

 

(この要求から逆算すると、残業代はほとんど払われていないこと。昼休みは輸送の中にふくまれていて実質ほとんどとれないことが類推される)

 

ヨーロッパではそもそも、この程度の行動は当たり前のことでストライキの範疇にもならない。

 

会社がそんなことをさせたら、日本の労働基準監督官に当たる役所から電話1本ですべてことがすむような話である。

 

労働者がバラバラにされ、団結することを全くしらない、すべての問題を自己責任という言葉で多い隠されつつある社会の中で多くの日本人は暮らしている。

 

「自己責任」(=今、自分が苦しいのは自分能力や努力の不足の問題であって外部に責任はない)という言葉は、多くの日本人をおとなしくさせる大変便利な言葉だ。

 

ヨーロッパ基準では「ストライキ」にも含まれないような形で有れ、ここまでの行動を起こせたのは、敬意を払いたいと思う。

 

この「ストライキ」を起こすためには、組合を結成し、組合を募集し、会費を集め、方針を討議して、みんなで決めるという、一見すると膨大な時間とエネルギーが掛かる。

 

また組合の中心人物は忙しい労働に加えて組合の中での意見調整に個人の時間を多くとられる。

時には、反対や無関心を装う組合を説得しなければ、この「ストライキ」なんてできない。

 

さらに組合の中心人物は、一般の組合員に比べて、それだけの時間と労力を仕事以外に割いて、その成果を余計に享受できるわけではない。

 

休憩時間がきちんと取れたり、残業代が支払われるようになったとしても、その果実を組合の委員長が余計に享受できるわけではない。

 

それどころか、「ストライキ」首謀者として、会社からは、何らかの報復が予想される。

 

実際にこの会社は組合幹部、ストライキ首謀者には解雇も含めた報復がされるようだ。

 

もしPAYPALの決済サイトでもあれば、いくばくかの寄付でもしたいくらいだ。

 

実はこんな小さな一つ一つのことが、一般の勤労者の労働条件の悪化を止める(悪化のスピードをいくらでも遅くする)ために必要なことなのだ。

 

 

いくら政府が労働時間を削減しましょうといったとしても、資本主義社会の中である以上、サービス残業を含む労働時間の短縮は目先の利益率を圧迫する。

 

政府のキャンペーンのような呼びかけで目先は一時的には変わることはあって、大きな力にはならない。

 

変えるためには労働者が力を合わせて要求していく(圧力をかけていく)しかない。

 

しかし、そんなことは今の日本では到底期待できない。

 

だからこの自販機の労働者たちに行動は余計 希少な価値をもつものに私には思える。

 

 

 

ブログ村に参加しました。

面白いと思ったらワンクリックお願いします。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
 

HSBC香港が非常にうるさくなっている。

 

 

 

 

 

 

HSBC香港が非常にうるさくなっている。

 

HSBCの法人口座についてHSBCから3回も手紙がきました。

 

f:id:yoshimura1210tan:20180420205537j:plain

ながーい英文のでアンケートに答えて、パスポートを提出。

 

しかし、それでも不足で、法人についての弁護士の認証をしたうえでのある証明書を出すように指示されました。

 

しばらくほっておいたのですが、いよいよ 「この期日にまでに証明書の提出をしなければ銀行機能を制限する」という通知まできました。

 

私の場合、法人口座を開設したときのエージェントがしっかりしており、15000円ほどの費用であっという間に、必要書類を作成。

 

弁護士の認証をしたうえで、メールで添付送付してくれました。

 

これをHSBCのネットバンク内からアップデートして一応、事務は終了です。

 

なお念のため原本もフィリピンの私のコンドまで送ってもらうことにしました。

(フィリピンは郵便事情が悪いのであまり気はすすまないのですが、仕方ありません)

 

 

私の場合は、開設したときのエージェントが今でもしっかりと営業を続けており、非常にリーズナブルな価格で事務をしてくれました。

その他のケースではいろいろ問題になっていることも多いようです。

 

ある方は、過去1年間の入金記録の中で特定の部分について証明書を提出するように指示された方も見えます。

 

私の英語力では対面ならなんとか、意思疎通はできますが、銀行員が電話をしてきた場合は、かなり困難を極めます。

 

今でもHSBC香港の個人口座開設は特定のルートと一定のサポート費用を出せばほぼ100%開設はできますが、

 

今後、それをきちんと維持していくのはかなり面倒なことになります。

 

口座開設の目的をはっきりして、そのコストと手間に見合うものかどうかをよく判断されることをお勧めします。

 

HSBCが必要な方

・長期積立投資をする際にHSBCからの引き落としが条件となる方

・海外FXなので海外に受け取り口座が必要な場合

・金融資産1億円以上で、その資金の一部を日本と切り離れた場所で安全に保全したい場合

 

など

 

よくお考えになったほうがいいいと思います。

 

 

 

ブログ村に参加しました。

面白いと思ったらワンクリックお願いします。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
 

ノーリスクで600円 もらう方法。PRING

f:id:yoshimura1210tan:20180419195447p:plain

 

 

 

 

 

 

ノーリスクで600円 もらう方法。PRING

 

クレジットカードに入会したり、新しいサービスが登場するとキャンペーンと称して通常より割りのよいキャッシュバック ポイント付与をしてくれることがよくある。

 

最近ではLINEの友達登録をすると500円の商品券というのもよく見かける。

 

私はさほど手間がかからないもの、クレジットヒストリーを汚さないものならとりあえず登録しておくようにしている。

 

意外と使えることもある。

 

今回見つけたのは PRINGという新しい決済サービス。

 

pring(プリン) -お金コミュニケーションアプリ-

/

 

このサービスが使える条件はたった1つ。

 

みずほ銀行 または 三井住友銀行の ネットバンキングができること。

 

相手がPRINGをダウンロードしてれば送金手数料ゼロで即時に送金できる。

QRコードをかざすことを通して通常のお店で支払うことも可能。

 

これがLINEPAYやエディ、スイカなどと違った優位性は

 

登録した三井住友銀行みずほ銀行に手数料ゼロ円でいつでも出金できる。

銀行着金は即日または翌銀行営業日。

 

600円もらえる手順は下記の通り

1 ダウンロードする。

  

2 必要情報を入力する

3 みずほ銀行 または三井住友銀行のネットバンクと紐づける。

4 3まで登録は完了し、サービスは使えるが

  下記の紹介コード 

  sGvhwQ

  を入力する

 

5 ダウンロード特典で100円 紹介コード特典で500円がPRINGの中に入る。

  5分ほどの作業で600円ゲットできます。

 

  (ちなみに紹介した私も500円もらえます。念のため付け加えておきます)

 

ここまで合計5分くらいでできます。

この600円は期間限定ポイントのように特定のサービスにしか使えないお金ではなく、自分がチャージしたものと同じお金です。

つまりすぐに出金してもかまわない。

 

私は600円すぐに出金かけました。

 

 

日本はキャッシュレス社会を目指していくそうです。

今すぐに爆発的に利便性が上がるかどうかわかりませんが、将来的に非常に使いやすいサービスになる可能性はあります。

 

このPIRNGにはみずほ銀行も出資しているそうです。

 

私はリスクもなく、時間もほとんどかからないので、とりあえずダウンロードしておきました。

 

 

 

ブログ村に参加しました。

面白いと思ったらワンクリックお願いします。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
 

会員カードを片手で渡されて。

 

f:id:yoshimura1210tan:20180419001007j:plain

 

 

 

 

 

 

会員カードを片手で渡されて。

 

私は日本にいる時も2-3日に1回はジムにいきます。

 

日本に滞在するのは長くても10日程度なので、チェーン店のたくさんある民間のスポーツジムの都度会員というのになっています。

1回1500円ほど払って利用します。

 

お金を払うと元を取ろうという意識が働いて、比較的頑張ってしまいます。

(全然 やせませんが)

 

 

先日 利用したあるジムでの出来事。

 

都度会員証を渡すと代わりにロッカーの利用カードを渡してくれるのですが、

 

もらってから、なんとなくというか非常に違和感があったのです。

 

よく思い出してみるとその受付の女性だけ片手で利用カードを渡してきたのです。

 

今までこのチェーン店の多くの支店を数えきれないくらい利用しましたが、おそらく今回が初めて。

 

みなさん 当たり前のように両手で渡してくれます。

 

片手で渡されると、本人にその意図はないかもしれませんが、「早くとって」「さっさと取って」と言われているような気がします。

 

後で少し考えました。

 

私が利用しているのはごく普通の民営ジム。

 

レギュラー会員で、1か月の会費は1万円弱でしょう。決して高級なところではありません。

 

その後、ジムの利用自体は全く問題なかったです。

 

私個人のスタイルとして、姿勢として、今回のことをごちゃごちゃ言うことはやめました。

 

もしジムの基本的な機能に問題があれば、当然、苦情というか意見をいいます。

(器具が汚れている)

(大声で話す利用者がいて迷惑した)

(シャワーが壊れていて使えなかった)などといったことあれば、きちんといいます。

 

でも、今回は利用カードの受け渡しの仕方です。

 

私が利用したのは会員が数十万円 数百万円するような高級なところではありません。

 

都度 利用1500円ちょっとの会費には、両手で会員カードを渡すまでのサービスが必須ではないと私は考えました。

 

(会社の経営方針はちがうのかもしれませんが)

 

以前、ツイッターコメダという喫茶店に置かれてる新聞について1つの投稿があり、けっこう論争になっていました。

 

置かれている新聞が、ホッチキスで留められておらず、バラバラになりやすい。

 

あるお客さんが、店員にホチキスで止めるように依頼したところ、店員はふちに対して斜めにホチキスをとめたそうです。

新聞をめくるときに少々めくりにくい。

 

そのお客さんはツイッター

「お客様の立場にたって想像力を働かせて仕事をすべきだ」とツイートしていました。

 

このツイートは論争を呼び、別の方は

「想像力を働かせて働けというのはブラック企業の経営者の常套句」

コメダはコーヒー1杯400円のお店。そこまでのサービスを求めるなら、1杯1000円以上する高級な喫茶店にいくべきだ。コメダの新聞はあくまで(おまけ)でしかない」

と反論していました。

 

私個人は、この後者の意見にどちらかという共感します。

コメダの店員の時給は1000円くらいでしょうか?

 

その値段に見合わない要求はある面ではサービス業の質、レベルを高めます(ある意味で競争力を高めます)

 

一方で働く人に対価に見合わない過剰な要求をすることにあります。

 

小さな過剰な要求1つ1つが積み重なって、日本の労働者の長時間労働のひとつのバックグランドになってしまう。(バックグランドであって主要な原因ではないと思いますが)

 

一人の個人として、バックグランドの醸成に寄与するのはやめようと思っています。

 

 

 

 

ブログ村に参加しました。

面白いと思ったらワンクリックお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
 

 

大阪 伊丹空港を利用してみて。

f:id:yoshimura1210tan:20180415221358j:plain

 

 

 

 

 

 

 

大阪 伊丹空港を利用してみて。

 

先日 東京に宿泊しながら、お客様対応で大阪にいきました。

帰りは

難波→伊丹空港羽田空港と移動。

 

その時の感想をいくつか。

 

難波→伊丹空港はエアポートバスで25分。

 

ただ伊丹空港がすさまじい混雑。

外国人も多かったように思います。

 

私はちょっとチケットにトラブルがあり有人カウンターを使わねばならない。

 

空港に到着してから出発ゲートに到着するのに1時間以上かかりました。

 

 

飛行機もほぼ満席。1時間ちょっとの短い間でしたが、かなり窮屈な感じ。

 

パソコンも開けません。

 

結局 難波を出発してから羽田空港に到着するまで3時間ちかい時間がかかりました。

 

かかった時間は新幹線とほぼ同じ。

費用は飛行機のほうが2000円ほど安い。

 

月曜日ということで混雑が激しかったのかもしれませんが、私は今後大阪に行くときは新幹線を利用しようと思います。

 

新幹線の座席ならPCを開く余裕がある。

2時間半強、座っていれば、あとは運んでくれる。

 

搭乗手続きの面倒さを考えると断然新幹線です。

 

国内線飛行機を使うのは

 

これが飛行機を使うことで1時間以上 短縮できる広島以西の場合、

 

手荷物がなく、携帯のアプリだけさっとチェックインできる場合

 

に限られると思います。

 

 

 

 

ブログ村に参加しました。

面白いと思ったらワンクリックお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
 

 

DMM英会話の先生に振りかかる激震。

 

 

 

 

 

 

DMM英会話の先生に振りかかる激震。

 

フィリピンはいろいろいい加減というイメージがある。

 

f:id:yoshimura1210tan:20180414193733p:plain

それは当たっている部分も多いのだが、最近 厳しくなっていることもある。

 

それが税金に関わること。

 

フィリピン航空が政府に払うべき税金(空港利用税?)を長年滞納していた。

ドゥテルテ大統領の「既定の日付までに払わなければ、運航を停止にする」という鶴の一声で、自体は大きく改善した。

 

リトル東京周辺のKTVが半月ほど強制閉鎖になったことがある。

これは税金(所得税または法人税)をマネージャークラスが持ち逃げしたことにより滞納になり、政府から強制閉鎖に追い込まれたそうだ。

(現在は通常通り営業しているが)

 

また、もともと契約社員も含むホワイトカラーの源泉徴収は非常に厳しく、社会保険料も含めて10%から20%が給料から天引きされている。

 

15000ペソの月給でも1500ペソから2000ペソは天引きされている。

 

最近聞いた話。

 

DMM英会話で働く数千人のフィリピン人教師が問題に直面している。

先生たちは、会社によって一律10%の所得税を天引きされていた。

 

ところが、フィリピン当局から「自営業として各人で納税の義務がある」という通達がされた。

 

先生はたちは、TAX VIOLATOR (納税違反者)として扱われているそうだ。

 

私の馴染みの先生は概算15000ペソのペナルティーを支払わねばならない。

(これはどうやら自営業として確定申告した場合と、10%会社から天引きして納税していた金額の差額のようだが、先生自身もはっきり理解していないようだ。ただ単にペナルティーと呼んでいる)

 

これはフィリピンの地方に行けば1か月の標準よりやや高めの給料である。

 

 

日本で言えば、毎月の報酬の10%を会社から天引きしてはらっていたのに、「確定申告の義務があります。30万円払ってください」と言われたとのこと同じことである。

 

DMM側は「これはフィリピン政府の指示なので、私たちには責任はない。自分たちで対応するように」という姿勢のようだ。

 

どうやらフィリピン当局の見解が変わったために起きたことのようにも思える

 

フィリピンで働く方、ビジネスをする方、人を雇う方は税理士等に十分確認、チェックをすることをお勧めします。

 

 

 

ブログ村に参加しました。

面白いと思ったらワンクリックお願いします。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
<a

これがフィリピンを象徴する一つの出来事

 

 

 

 

 

 

f:id:yoshimura1210tan:20180413190615j:plain

 

私はフィリピンに住まわせてもらっている。

 

日本にいる時よりもそれなりにお金を使って、フィリピン経済には貢献しているところもある。

 

ただ、基本、外国人が外国に住むときは「その国に住まわせていただている」という気持ちが必要だと思う。

 

だから、あまりフィリピン政府の悪口をいうつもりはないのだが。

 

先日、フィリピンに入国したときのこと。

 

機内で入国カードが配られなかった。「おいおい航空会社が忘れたのか」とおもっていたら、実は違う。

 

写真はイミグレーションで今回利用した入国カード。

 

違いが判りますか?

 

そうです。コピーなんです。

 

どうやら正規の入国カードがなくなってしまって、コピーで対応しているのです。

 

さて、在庫を管理するところの不手際なのか、あるいは注文を出してから、商品が入荷するためでの業者の問題なのかは私にはわかりません。

 

しかし、その国を代表する空港の入国カードが切れてしまってコピー対応をするというところに、フィリピンを象徴する一つのことです。

 

コピーだからと言って、私たち利用者に何か不都合が起きたわけではありません。

 

飛行機内で入国カードが配られなかった程度で、実質、何か困ったことがあるわけでは、ありませんでした。

 

「ここはフィリピン」「こんなことごく普通のこと」くらいに構えて物事に当たらないと

 

不必要にストレスが溜まってしまいます。

 

 

ご注意を。

 

 

 

ブログ村に参加しました。

面白いと思ったらワンクリックお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ