50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

麻生発言にみる日本の縮図。

ブログ村に参加しました。

面白いと思ったらワンクリックお願いします。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
 

 

麻生発言にみる日本の縮図。

 

麻生大臣が次のような発言をしている。これは実は日本の構図を端的に表している発言だと思う。以下(朝日新聞より)

 

麻生太郎・副総理兼財務相(発言録)

 

 企業の利益の割に、(労働者の)給料が上がっていない。給料や賞与を上げてほしいと今の政権が経団連に頼んでいるが、本来は連合や野党・民進党の仕事だ。連合は、陳情は自民党、選挙は民進党。あほらしくてやってられない。

 

 こんなやり方、いつまでやってんだと。私のことですから、会うたびに連合の方やら何やらに申し上げてきています。全然おかしいですよ。何であんたの労働組合民進党をやっている? 我々の方がよっぽど労働組合のためになっているんじゃないですかね。(福岡県飯塚市での新春国政報告会で)

 

(以上 朝日新聞より引用)

 

一見、読み流してしまいそうな記事の中に日本の構図がしっかり説明されています。

麻生大臣は歯切れのよい あまり小細工のできない本音発言をされますので、本質がよく見えます。

 

本質1

 「賃上げは本来は、連合や野党、民主党の仕事だ」

これはつまり

 「それは自民党の仕事で本来ないんですよ!!」といっているのと同じことなのだ。

 

賃金労働者というのは、日本全体人口の3割以上を占める圧倒的多数だろう。

労働組合やその支持政党である野党がそのために努力するのは当然としても、自民党は建前では「日本国民の幸せのために」政治活動をしているはず。

 

人口の3割以上を占める人々の非常に大事な部分(賃上げ)を「本来は自民党の仕事ではない」と明確に表現していることになる。

 

せっかく安倍首相が財界に賃上げを要求して「野党より国民のために頑張っている首相」を演じているのに、それに水を差す発言ともいえる。

 

本質2

 「あほらしくてやってられない」=「私たち自民党は票をくれる人のために(正確にいうとある程度、まとまって票をくれる人人のために)活動しているんですよ」といっているのと同じ。

 

 要するに政治は、(ある程度まとまって)票をくれる人のために行う=票をくれない人のことは(本来は)どうでもいい。

 

 性差別 労働時間 環境問題 介護 老後 年金 雇用の安定などなど政治に対する要求はいろいろあるだろう。

 しかしそれを個人レベルでいくらいっても、それ自体に意味はあると思うけれど、影響力は大きくはない。

 

「政治は票になるかどうか」

 

この政策を実行すれば、あるいは「実行する」と公約すれば「票につながる」と政治家が思うかどうかだ。

 

つまり一人一人の声がまとまり、大きなうねりになること。

 

労働活動のようなまとまりはなくても、大多数の意見となり、無視できない流れになること。

 

それが本質的には日本の政治の流れを変え、作っていくことになるのではないか。

 

 

 

 

仮想通貨と過去のバブル その2

ブログ村に参加しました。

面白いと思ったらワンクリックお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
 

 

 

仮想通貨と過去のバブル その2

 

昨日のブログでは「ビットインコインで億万長者になられた方から、それをその後の定期的収入、安定的収入につなげるための相談を受けていること」を書きました

 

仮想通貨と過去のバブル その1

blog.livedoor.jp

 

私個人はビットインコインの取引口座を開いて少額取引をしたが、撤退した。

確かに入金して、きちんと日本円に換えることはできた。

 

辞めた理由

どうしてもマイニングという仕組みが素人頭では理解できなかったためだ。

 

誰がどうやってマイニングして、それがどうして制限されているのか。

その証拠、証明は私が調べた限りわからなかったためだ。

 

ただ実際に億万長者(日本円レベルで利益確定してる人)が無数に存在しているのだから、

投資自体が全体として「おかしい」とは言えないだろう。

 

今現在、仮想通貨で億万長者になったという方(そしてまだ日本円に換えていない方)への素人なりのアドバイス

 

株式バブルと一緒で、どこが天井なのかは誰もわからない。

落ちだしてもそれが「押し目」なのか「トレンドが下向きになったのか」は数年後でないとわからない。

 

株式投資ならPER、PBRなどの値である程度、バブル性が強いかどうかを考える参考値はあるが、仮想通貨の場合、それすらない。

 

「下向きトレンド」と思って手を引いたとしても、それが「押し目」でもう1回上がりだしたら、悔しくてたまらない。そして普通の人は再度手を出す。

 

1000万円儲かったとしても、「あの時手持ちにお金全部を入れていたら、儲けはもっと多かった」と思えば、平常心ではいられない。

 

本当の投資のプロは、そんな自分の欲望をきちんとコントロールしている。

 

「今現在、すべて取引停止になったとしても、〇〇円のプラス」

「そのためには持ち分の〇〇パーセントを〇〇円で利益確定」ときちんと決めて実行されている。

 

おそらくプロの方たちは、これまでの上げ相場で「今、紙くずになっても利益は十分ある」という状態になっているはずだ。

 

素人、セミプロはこれまでの上げ相場と熱狂に目がくらんで、手持ち資金の大半つっこんだり、果ては借金したりして投資をしてしまう。

 

これが問題だ。

 

 

 

 

私自身 アメリカインターネットバブルの時にこんなことを経験した。

全部トータルすれば、結局、「何もしないでただ貯金だけしていた」方がよかったし、心の平静を得られたはずだ。ほかのことへの集中もできたはずだ。

 

今現在、通常の生活ができている以上、素人で自分の欲望のコントロールがむずかしい(または膨大なエネルギーを使う)私は、同じ世界に戻ることはないだろう。

仮想通貨と過去のバブル その1

ブログ村に参加しました。

面白いと思ったらワンクリックお願いします。

 

<pにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
 

 

仮想通貨と過去のバブル その1

 

日経平均が上がっている。

 

さらにビットインコインはじめ仮想通貨がどんどん上がっている。

 

吉村のところには、既存のお客様を経由してビットインで億万長者になった方の相談が来ている。

 

「儲けたのはいいけれど、これをどうやって運用、定期的収入につなげて長期的に見て生活を安定させるか」という相談だ。

 

こういう相談なら、吉村の得意とするところだ。

 

(分かりやすくするために税金の話を省いて書くが)

1000万円 ポンと儲けて目の前にあったとしても、それは一過性のお金。

 

来年1000万円同じように儲かるとは限らない。

 

そうでない場合の方が多い。

 

目の前に1000万円あることよりも、毎月ほぼ、リスクなく毎月10万円入って来る方が人生の寄与度は大きい。

 

実際に吉村の生活はそういうものだ

 

目の前の儲かった1000万円 

 

これをどうコントロールするか、素人にはなかなか難しい問題だ。

 

「せっかく儲かったのだから一部は楽しみに使おう」と思うのも当然。

 

高級車を買ったり、高価な買い物、豪華な海外旅行。

 

それはそれで個人の好みの問題で、第3者が評価するものではない。

 

ただいったん味わってしまった、通常収入以上のレベルの高い生活。

 

それを通常レベルに戻すのはなかなかむずかしい。かなり意識してコントロールしないと

 

「100万円なら…」「10%なら・・・・」「半分までなら・・・・」となりがちだ。

 

過去の同じ経験がなく、初めての経験の方ならなおさらだ。

 

 

実は吉村は過去にアメリカのインターネットバブルの流れにうまく乗って400万円程度の投資金額が一時的には4倍以上になったこともある。

 

とても若いときだった。

これをきちんとコントロールして長い目で自分の人生に生かしていけばもっと早い時期での海外移住ができたかもしれない。

少なくとも人生の選択肢が広がったと思う。

 

結論としては、この投資は人生に全く寄与しなかった。

 

失敗経験として学ぶという意味ではあったかもしれないが。

 

次回以降もう少し詳しく書いて、今の教訓としていることを書きたい

 

 

 

 

 

 

マカティでSNATCHに合う

ブログ村に参加しました。

面白いと思ったらワンクリックお願いします。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
 

マカティでSNATCHに合う。

 

フィリピンという、一般的には「治安がよくないのでは」というイメージがある。

 

マニラ及びその近郊の一部の特定の地域には注意が必要だ。

 

外国人が密集する場所だけではなく、ローカルの人にとっても「うちの家の周辺は危険。夜の一人歩きは避けている」なんて話もしばしばきく。

 

そんな中で近代都市 マカティは比較的安全といわれている。

 

あくまで「比較的」でしかない。

 

12月20日頃の話。

 

ある日本人がKTVを出て徒歩5分くらいのセブンイレブンまで歩いていく。

 

セブンイレブンにつくと財布がないことに気が付く。

 

「あれ?!KTVに忘れたのかな」と思ってKTVに戻る。

 

もちろんそこにはない。

 

よ~く思いだすと、歩いているとき少女が冗談みたいに抱き着いてきたことがあったそうだ。

 

その周辺にはその弟と思われる男の子が後ろにいたそうだ。

 

結局 巧妙なSNATCH(スリとひったくりの中間くらい)に合ったことが判明した。

 

彼の被害額は3万ペソ。66000円ほど。この国では普通の大卒初任給の2か月分である。

 

その場所はグリーンベルトからわずかに5分。

 

まわりはビルばかり。そんなところでも被害がある。

ただしその時は、暗く人通りもない。

 

マカティでは深夜でもいくつかのビルやお店の前にはセキュリティが立っていることが多いが、被害に合った場所には誰もいなかったそうだ。

 

吉村自身は長年フィリピンに暮らしているが、そういう目にあったことはない。

 

酔っぱらって外を歩く事もないし、歩くときも常に周囲に気をつけている。

 

マカティでさえも注意が必要な一つの例である。

 

 

 

 

対策としては

 

深夜に一人歩きはしない。

複数で歩いても周囲に気を配る。

(気配を感じなくてもときどき、わざと後ろを見たり、周囲を見たりするだけでリスクはかなり軽減できる)

 

どうしても一人で歩く必要がある場合も、周囲にビルやお店のセキュリティがいる道を選ぶ。

(彼らが私たちを守ってくれるわけはないが、泥棒も一目のあるところは避ける)

 

暗くなってから、ローカルエリアには足を踏み入れない。

どうしても-必があったらフィリピン人に同行してもらう。

 

仮に1000ペソの強盗被害にあうだけでも、その気分的ダメージは計り知れない。

 

これからも注意して生活しようと思う。

フィリピンでセブンイレブンの便利な使い方

ブログ村に参加しました。

面白いと思ったらワンクリックお願いします。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
 

フィリピンでセブンイレブンの便利な使い方。

 

日本のコンビニでは、電気ガス水道などの公共料金 様々な料金の支払いができる。

 

ここフィリピンでも似たような仕組みがある。

 

CLIQQ という機会がセブンイレブンにある。

 

 

 

 

 

この機会に必要な情報を打ち込むと 入金伝票が印刷される。

 

これをカウンターで提出して入力した料金を払うのである。

 

日本人がよくお世話になるものでいうと携帯電話のプリペイド料金

 

スマートやグローブといった携帯電話はプリペイド式。

 

コンビニのカウンターで番号を提示したり、携帯そのものを渡すと店員がロード作業をしてくれるが、CLIQQを使った方が、かなり早くすませることができる。

 

一部の電気料金やランドライン(固定電話料金)も払える。

 

吉村のコンドはメラルコという電力会社だが、残念ながらこの料金は払えない。

 

あとケーブルテレビ(スカイケーブルネットワーク)なども払うことができる。

 

フィリピン生活の豆知識でした。

 

f:id:yoshimura1210tan:20180110203941j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20180110203950j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20180110204002j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20180110204012j:plain

 

 

海外移住と食生活 バンコクを例に。

ブログ村に参加しました。

面白いと思ったらワンクリックお願いします。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
 

 

海外移住と食生活 バンコクを例に。

 

先日、吉村の個人的意見としては、タイ(特にバンコク)は日本人にとって一番住みやすい国、移住するのに向いている国だと書きました。

 

 

海外移住と語学(タイ編) 

http:// http://blog.livedoor.jp/m1210yoshiharue/archives/28603335.html

 

 

 

 

補足です。

 

旅行ではなく、移住という点で見てみると食生活はどうしても日本食が中心になっている。

 

 

この移住という意味は、少し広く 吉村のように「いつでも好きな時に、好きなだけその国に滞在できる」という場合も含まれます。

 

せっかく取れた1週間の休み。

その休みを満喫しよう楽しもうと思うと、がんばってローカルの食事で評判のいいところを一生懸命探していくと思います。

 

これが移住ORいつでも好きな時に行けるとなってくる自然に生活スタイルが変わってきます。

 

タイの食事はバラエティーに富んで、また日本人の味覚にも合うものが多い。それでも「移住」となると毎回の食事の半分以上は日本食になってくる。

 

これは移住生活を長く続けていると、自然とそうなってくる。

 

その時に、さほど高くない値段で、それなりにおいしい日本食が食べられるかというのは非常に大きなポイントである。

 

超供給過剰が続き、予定した家賃で貸すことがほとんどできないフィリピンコンドミニアムではあるが、実はリトル東京という日本人向けのレストランやサービスがたくさん集まっている地域にはそれなりに需要があり、比較的テナントも見つかりやすい。

 

フィリピンローカルフードはさほど日本人の味覚に合わないなかで、日本食レストランがたくさんあるというのは、日本人向けには不動産投資のある程度のアドバンテージになる。

 

下記の写真はバンコク ラーマ9という駅に直結するショッピングモール。大江戸屋とやよい軒がある。

 

写真はやよい軒 ビーフメンチカツ定食。180バーツ 600円ほど。

 

大江戸屋はもう少し高い感じがする。

 

味も日本で食べるのとほとんど変わらない。

フィリピンからタイに来て「久しぶりにうまい日本食を食べたな」という気分になった。

 

この地域は完全にローカルのタイ人向けのエリア。

 

外国人の数も少ない。

 

バンコクにはこのクラスのレストランが数多くある。

 

移住先としても食生活に困らないバンコクでした。

 

f:id:yoshimura1210tan:20180109182043j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20180109182051j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20180109182116j:plain

海外でのアマゾンプライムの利用の仕方

ブログ村に参加しました。

面白いと思ったらワンクリックお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
 

 

 

海外でのアマゾンプライムの利用の仕方

 

アマゾンプライムの会員(年会費3900円。毎月払いの場合は400円)になっておくといろいろ特典がある。

 

正直 月400円以上の価値はあると思う。

 

 

 

 

吉村がよく利用するサービスを紹介しよう。

 

その1 

動画サービス。

映画、ドラマで追加料金なしで見れるものが多数ある。

今まで見てよかったのは「進撃の巨人」「ウオーキングデット」「フィアーズ ウオーキングデット」「リベンジ」「コンバートアフェアーズ」

これだけでも十二分に元が取れている。

 

その2

配達に期日指定やお急ぎ便の指定ができる

注文して翌日 商品が届けられることも多い。

海外に戻る直前に買いたいものができて、慌てて注文したことが何度もあった。

 

その3

動画ダウンロードサービス。

10本まで 指定の映画やドラマがアマゾン専用のタブレットにダウンロードできる。

ためておいてLCCに乗るときによく見ている。

 

動画、サービスは日本国内限定と思っている方もいるとは思うが少し違う。

 

海外では海外専用のドラマや映画サービスが利用できる。

またそのうちいくつかはダウンロードもできる。

 

正直、ちょっとレベル的には今一の作品も多いが、利用できることは利用できる。

 

VPNサービスを使っていない人に参考になればうれしい。

 

f:id:yoshimura1210tan:20180108202547j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20180108202556j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20180108202606j:plain