50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

仮想通貨と過去のバブル その1

ブログ村に参加しました。

面白いと思ったらワンクリックお願いします。

 

<pにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
 

 

仮想通貨と過去のバブル その1

 

日経平均が上がっている。

 

さらにビットインコインはじめ仮想通貨がどんどん上がっている。

 

吉村のところには、既存のお客様を経由してビットインで億万長者になった方の相談が来ている。

 

「儲けたのはいいけれど、これをどうやって運用、定期的収入につなげて長期的に見て生活を安定させるか」という相談だ。

 

こういう相談なら、吉村の得意とするところだ。

 

(分かりやすくするために税金の話を省いて書くが)

1000万円 ポンと儲けて目の前にあったとしても、それは一過性のお金。

 

来年1000万円同じように儲かるとは限らない。

 

そうでない場合の方が多い。

 

目の前に1000万円あることよりも、毎月ほぼ、リスクなく毎月10万円入って来る方が人生の寄与度は大きい。

 

実際に吉村の生活はそういうものだ

 

目の前の儲かった1000万円 

 

これをどうコントロールするか、素人にはなかなか難しい問題だ。

 

「せっかく儲かったのだから一部は楽しみに使おう」と思うのも当然。

 

高級車を買ったり、高価な買い物、豪華な海外旅行。

 

それはそれで個人の好みの問題で、第3者が評価するものではない。

 

ただいったん味わってしまった、通常収入以上のレベルの高い生活。

 

それを通常レベルに戻すのはなかなかむずかしい。かなり意識してコントロールしないと

 

「100万円なら…」「10%なら・・・・」「半分までなら・・・・」となりがちだ。

 

過去の同じ経験がなく、初めての経験の方ならなおさらだ。

 

 

実は吉村は過去にアメリカのインターネットバブルの流れにうまく乗って400万円程度の投資金額が一時的には4倍以上になったこともある。

 

とても若いときだった。

これをきちんとコントロールして長い目で自分の人生に生かしていけばもっと早い時期での海外移住ができたかもしれない。

少なくとも人生の選択肢が広がったと思う。

 

結論としては、この投資は人生に全く寄与しなかった。

 

失敗経験として学ぶという意味ではあったかもしれないが。

 

次回以降もう少し詳しく書いて、今の教訓としていることを書きたい