50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

ニイノミアキノ空港 ターミナル3利用の裏技

ブログ村に参加しました。 面白いと思ったらワンクリックお願いします。   にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
 

 

ニイノミアキノ空港 ターミナル3利用の裏技

 

マニラに帰ってきました。吉村です。

 

12月はマニラ及びその近郊の渋滞が一層ひどくなります。

 

クリスマスシーズンにはいり、地元に帰るひと、買い物のためにマニラに上京してくる人、海外から一時帰国する人などで渋滞します。

 

もし可能ならば、空港から市内へ向かうときに金曜日、土曜日の午後5時~10時くらいの到着はできるだけ避けた方がいいかと思います。

 

ターミナル3にはエアポートタクシー レギュラータクシーの乗り場があります。

 

マカティの中心部まで渋滞がひどくないなら、高速料金含めてエアポートタクシーで300ペソくらい。レギュラータクシーで200ペソくらいです。

 

空港出口から自分のコンドミニアムの入り口横づけまでしてくれて、500円~700円くらい。

快適といえば快適です。

 

ところがこのタクシー乗り場、時々、長蛇の列で乗れないことがあります。

 

まともに待てば30分以上かかりそう。暑い中、荷物をもってじっと待つのは苦痛です。

 

その時の裏技を1つ。

 



 

 

 

 

到着ロビーまで上がって、客を送ってきたタクシーを捕まえるのです。

 

実は2か月前くらいまでは、到着ロビーに空港建物内部から外へ出ることは禁止されていました。

 

セキュリティーが認めなかった。

 

ここはフィリピン。

 

f:id:yoshimura1210tan:20171213202307j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20171213202316j:plain


日付がたつにつれてそんな規制がなし崩し的になくなっていきます。

 

今は普通に到着ロビーからタクシーの降車する場所まで出れる。

 

時々セキュリティ自身が、客を送ってきたタクシーを捕まえてくれます。

 

20‐30ペソも出せば何もいわない。

 

ただタクシーに乗るときには、法外に吹っ掛けてくるのドライバーがいるので、「メーターでいいのか」あるいは「メーター+チップ」などときちんと交渉、確認しておく必要があります。

 

できれば一生懸命声をかけてくるドライバーではなく、車を止めてぼっとしているドライバーの方がいいと思います。

 

この日 飛行機が空港に降り立ったのは午前12時40分。自分のコンドミニアムに入ったのが午前1時半。わずか50分ですべてが終わりました。

 

ここはフィリピン。

 

いろんなことがいろんな人の都合で、適当に変わっていきます。

あくまで自己責任でご利用お願いします。