50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

エアービーアンドビーのメリット デメリット(トラブル)その2

ブログ村に参加しました。

面白いと思ったらワンクリックお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
 

 

 

エアービーアンドビーのメリット デメリット(トラブル)その2

 

年末は例年通り、バンコクで過ごすことにした吉村です。

 

1か月前にやっと日程が確定したので宿泊先を予約しました。

今回はこの予約をめぐるトラブルと対処方法を2回にわたって書きたいと思います。

 

1 ホテル予約とエアービアンドビーの予約の違い

2 トラブルの経緯

3 トラブルの原因分析

(以上前日 ブログ内容)

4 トラブル解決後のエアービーアンドビー自体のトラブル。

5 新しい宿泊先の面倒な点

(本日内容)

 



 

 

 

4 トラブル解決後のエアービーアンドビー自体のトラブル。

 

さて、「全額返金もされたし、旅行クーポンもいただいたし(良し)としよう」と別のコンドミニアムを探す。

 

近い場所に少々古そうだが、図書室までついたコンドを発見。

 

早速予約。予約成立。代金は返金された金額以下だったので、旅行クーポンは使用しなかった。

 

勝手にアゴダと同じようにこの旅行クーポンは次回以降も使えるものと思い込んでいた。

 

よくよくヘルプを読んでみると、この旅行クーポンはキャンセルされた宿泊の代わりに予約した宿泊場所が、キャンセルされた宿泊より高い場合だけ使用できると書いてある。

 

つまり旅行クーポンは私が新しい宿泊先を安く予約した時点で消滅してしまったのだ。

 

さらにこのことについて問い合わせをしようとしても、エアービーアンドビーの問い合わせ先(電話やメール)が存在しないのである。

 

フィードバックという単に「ご意見提出」先はあるが、これは「回答はしません」と明記されている。

 

個々のホストとのトラブルについては、問い合わせ先は存在するが、エアービアンドビーの仕組み自体に言いたいこと(今回でいえば旅行クーポンが消滅してしまうこと、その説明が別ページのヘルプにしかなく、わかりにくいこと)を伝えて回答を求めることはできないのだ。

 

あくまでアンケートに回答するように「ご意見」として提出するだけである。

 

少々、納得はできないが、それが仕組みである以上 いたし方ない。

 

 

5 新しい宿泊先の面倒な点

さて新しい宿泊先は決まった。ただここにもエアービアンドビーの面倒な点が明らかになった。

 

私はマカオから深夜にバンコクに到着する。

 

コンドミニアムに到着するのは夜の1時半か2時。

 

そのことをホストに聞くと「地下鉄の外にある24時間営業のコインロッカーにキーをいれておくので自分で取りにいってほしい」とのこと。

 

コインロッカーからコンドミニアムまでは徒歩10分以上は離れている。

 

深夜にキーを取って歩くのは相当面倒だ。

 

私はこの地域に土地勘もあり、治安に問題がないこともよく知っている。

それでもちょっと躊躇してしまった。

 

もし土地勘がなく、英語で最低限の会話、やり取りができない場合は、何か特殊なことが起きた場合エアービアンドビーは非常に使いにくい場合がある。

 

みなさんご注意を