50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

タイ不動産投資に手を出してはいけない証拠。

タイ不動産投資に手を出してはいけない証拠。

 

今日 ヤフーを何気なくみてきたグーグルでタイのコンドミニアムの広告が目に付いた。

 

「まだこんなの売ってるんだ!!!」と驚きの目で見ていた。

 

私はお客様に対して海外不動産を買うことを絶対反対はしない。

 

自分自身 マニラに1つコンドミニアムをもっているし、賃貸ではない自己所有である安心感は小さくない。

 

自分のコンドに帰ってくると「我が家に戻ってきた」という気持ちを強く感じる。

 

これを買っておいてよかったなと思っている。

 

それはあくまで私が「フィリピンに住んでいるから」である。

 

タイでエアービーアンドビーやアゴダで馴染みのホテル、コンドミニアムに泊まるのとはかなり感覚が違う。

 

これはあくまで「自己居住」のためである。

 

投資としては、全くお勧めしない。

 

例えば10億円の資産があってそのうちの数千万円投資するなら、ありかもしれない。

 

1億円以下の資産の方が、「投資として」つまり「お金儲けのために」海外不動産を買うことはお勧めしない。

 

それなら同額をその国の一番大きな銀行に口座を開設し、その国の通貨で定期預金、普通預金にしておいた方がよい。

 

タイの不動産投資が超供給過剰である証拠を今日は書きたい。

 

タイはフィリピンとは違ってインターネットでの再販売が一般化している。

 

下記のコンドミニアムはIDEO MOBI RAMA9というハイエンドのコンドミニアム

 

2014年に完成している。

 

私もエアービアンドビーで1週間宿泊した。

 

スタジオタイプは21㎡と非常に狭いが、高級な雰囲気でジムと図書室が完備されて非常に快適な一週間であった。

 

ローカルの居住者もそれなりにいた。

 

その再販売の情報が下記の様。

 

700室のうち3分の1以上がいまだに売りに出ている。

半分以上がテナントを募集している。

 

この状態はこの1年、ほとんど動いていない。

 

実は昨年から、私はここを借りようか、場合によっては買おうかと思ってしばしばサイトをチェックしていた。

 

このIDEO MOBI RAMA9はRAMA9という地下鉄から徒歩2分程度の駅から非常に近い物件。

 

1階に24時間営業のイオンがある。

 

それでもこの状態なのだ。1平方メートル16万バーツと価格は上がっているとこのサイトでは書かれているが、ほんのわずかな再販売の実績に基づいて出された資料だろう。

 

そもそも売れなければ意味はない。

 

まあ損切覚悟で1平方メートル10万バーツ程度で出せば、売れることもあるだろう。

 

投資としては意味はない。というか手間暇かけて損をするので、仮に損切できたとしてもマイナスでしかない。

 

RAMA9は人気のアソークから地下鉄でたった2駅。

 

すいていればタクシーで5分のロケーションだ。

 

ただ、本当にハイエンドな地域では利益を載せて再販売できているという情報も一部にはある

f:id:yoshimura1210tan:20171116205007j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20171116205013j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20171116205023j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20171116205029j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20171116205036j:plain