50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

今から可能な海外法人の銀行口座。

今から可能な海外法人の銀行口座。

 

先日、オフショア法人の銀行口座開設はほぼ不可能と書いた。

blog.livedoor.jp

 

 

今からでも開設可能な海外法人の銀行口座があるにはある。

 

f:id:yoshimura1210tan:20171112214425j:plain

それが香港法人(とその銀行口座) マカオ法人(とその銀行口座)である。

 

いずれも必ずしもオーナーである日本人が香港やマカオの投資ビザ、労働ビザを持っている必要はない。

 

その代わりに求められることがある。

 

一言で言えば

 

「法人の実態があること」である。

 

以前は両方ともレンタルオフィスを月に数千円出して名義だけ借りることで要件を満たせた。

 

現在は、これは不可能。

 

通常のオフィスを借りることが必要だ。

 

その他のデメリット

香港法人は一般的には会計の費用が高い。

また領収書の中身も「この経費がこの事業を行うために本当に必要な経費なのか」とチェックを受ける。

 

非常に大雑把な言い方だが、口座を開設し、1年目できちんと会計決算を終えるまでに維持費用だけで100万円~150万円はかかる。

 

ただ口座だけ作ってそこに資金を入れておく、隠しておくということはかなり難しいし、どこかでほころびが出る。

 

確かに日本に比べて法人税は安いが、日本には公式非公式に所得を圧迫する方法がいろいろある。

 

キチンと法人活動を行い低い法人税率で納税したとしても、数千万円程度の所得ならば、手間暇も含めて香港法人銀行口座開設は割りが合わない。

 

マカオ法人を開設してその銀行口座を開くことは現在でもぎりぎり可能である。

ただ、この場合も実際のオフィスの賃貸借契約や電気代なのどの公共料金、従業員(マカオ人)の納税証明などが求められる。

 

随時当局から「お知らせ」的なものがきて、それに適切に対応をしないと口座凍結、最悪口座閉鎖の恐れがある。

 

また法人設立+口座開設費用はこの数年で2倍近くになっている。

 

ただ、マカオ法人については、まだ会計の縛りが弱く、活用の方法がないわけではない。

もしどうしても興味がある方は問合せをしてほしい。

 

最低でも該当する売り上げが5000万円程度はないとやはり、割には合わないとは思う。