50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

格安チケットをオープンで買う方法。

格安チケットをオープンで買う方法。

 

日本-マニラを往復するときは、たいていJALかANAを使っている。

 

このチケットは約5万円程度で、一番安いジェットスターなどに比べて2万円~3万円ほど高い。

 

それでも4時間ほどの旅行はできれば、快適に過ごしたい。

 

ただいつも頭を悩ませるのが、日程の変更。

 

小さなブログだが、時々、新規のお客様からの問い合わせがある。

また既存のお客様の紹介などもある。

 

1か月前にチケットをとっているとどうしても日本や香港いなければならない用事が突然入ることがある。

 

最近、これに対応するための効果的な方法を見つけた。

 

答え「マニラ発のチケットを購入すること」

 

マニラ→日本→マニラのチケットを買う。

 

チケットの値段は出発時間によっても多少は違いはあるが、基本、日本発のチケットと大差ない。

 

大きく違うのは、マニラ発のチケットは、往路、復路とももっと安いチケットが「

ベーシック」とランク。

 

このチケットは50ドル払えば日程変更ができる。

 

なお、日本→マニラ→日本は 一番安いチケットはVALUEという。

 

これは一切変更ができない。

 

f:id:yoshimura1210tan:20171023185641j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20171023185649j:plain

 

ほぼ同じ値段なので不思議な感じがするが、マニラ発のチケットはフィリピン人を想定してるので、変更可能なオープンチケットを実質、安く販売しているともいえる。

 

なお、同様な仕組みはJALにもある。

 

JALの場合は変更手数料が1回1万円程度かかる。

 

今後はANAのマニラ発チケットを購入することが多くなるだろう。

 

なお、フィリピン行きの飛行機に搭乗する際は、フィリピンビザのない人は、ほぼ必ずフィリピン出国のチケットの提示が要求される。

 

必ずしも日本に帰るチケットでなくてもよい。

 

私は1か月に1度はマカオ、香港に行くので、そのチケットを提示している。

 

「帰りのチケットはまだ買っていない」という状態では、マニラ行きの飛行機には搭乗できない。

 

注意したほうがいい。