50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

シングルマザー率

シングルマザー率

 

フィリピンは子供のとても多い国だ。

 

今まで合計10人以上の若いフィリピン人に同じ質問をしたが、だいたい共通した答えがある。

 

「20歳(20代ではない!!)の女の子の6割~7割にはすでに子供がいる。

 その多くは未婚。男が逃げた場合が多い」

 

地域の移動が少なく、FBなどでつながっている彼女たちはクラスメートの動向もよく知っている。

 

ジャスト20歳の女の子の過半数以上が子供のいる国 フィリピン。

 

タイなどではもし20歳と区切れば子供がいる割合は決して高くない。

おそらく10%にもならないだろう。

フィリピンの夜の世界では80%以上が子持ち。タイでは私の感覚だが10%以下かと思う

 

もしフィリピンで20歳~24歳くらいで子供がいない女の子が目の前にいても、それは偶然の結果でしかないことも多い。

 

恋人同士ならコンドームを使わないことも多い。

 

子供がいない3-4割の若いフィリピン人女性も、かなりの割合「たまたまできなかった」でしかない。

 

その理由を素人目線の推測だが、予測してみた。

 

その1

あまり先のことを考えない国民性。

「目の前の彼氏を愛している」。それだけで「もし子供ができたら経済的に大丈夫か」という計算が働かない。

まわりに多くのシングルマザーがいる。

さほど恥ずかしいというプレッシャーも強くない。

むしろ子供ができてうれしいという気持ちの方が強い。

その2

おそらく、学校教育の中でも性教育でコンドームの使用もあまり普及していないのではないか

(もし力を入れて学校で教えれば、かなり未婚の母率は下げられるような気がするが、政権はあまり関心がないようだ。国民の要求になっているわけでもない。=支持率には関係ない)

 

その3

少数だが、子供ができても、女性の方から結婚を拒否する場合もある。

カトリックのフィリピンでは1度結婚すると離婚は事実上不可能。

 

「愛している」→「コンドームなしのセックス」→「妊娠」までは計算が働かなくても

そこでふと立ち止まる。

「目の前の彼氏と結婚して幸せだろうか?!?!」

 

フィリピン人の男は一般的には「怠け者」

学校でも企業でも幹部クラスの大半は女性。

 

そんな中で、「結婚しない」「あなたはいらない」と女性から拒否するケースも一定数はあるようだ。

 

f:id:yoshimura1210tan:20171019184515j:plain