50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

LCC(特にアジア系)がJAL、ANAに勝るところ。

LCC(特にアジア系)がJALANAに勝るところ。

 

ANAを使って日本に一時帰国しました。

 

挨拶や食事、映画など4時間余りの時間があっという間に過ぎてしまった。

 

とても快適な時間でした。

 

ただJALANALCC(特にエアーアジアやセブパシフィック)にほとんど敵わないことが一つだけある。

 

もちろん、チケット料金が安いことは当たり前だが、それは大前提。

 

LCCが勝っているところ。

 

ずばり フライトアテンダントが若く美人が多いということ。

 

JALANAは上品な言い方をすれば、ベテランが多く、若く美人・・・・というと非常にめずらしい。

 

エコノミークラスでは1人いるか、いないか。

 

怒られてしまう表現をすれば、おばちゃんが圧倒的に多い。

 

(別に私はこれが いかん!!といっているのではない)

 

LCCは歴史が浅いということもあるだろう。それだけではない。

 

素人目線の分析と予想。(そしてだいたい当たっていると思う)

 

ANAJALも働く者の労働条件はこれまでの組合を中心とした激しい戦いで一定レベルまで守られている。

 

私が学生の頃、JALのフランとアテンダントが若さを失い、容貌が衰えていくにしたがって地上勤務を命じられたり、事実上退職を余儀なくされることに対して、長い裁判闘争をしていた記録を読んだことがある。最終的には労働者側が勝ったと思う。

 

またその少し後に、アルバイトスチュワーデスの導入をめぐっても激しい戦いがあった記憶がある。

 

人件費を安くしたい経営者側と雇用の不安定化を嫌う組合側で、これまたかなり激しい戦いがあったと記憶している。

 

最終的にはアルバイトスチュワーデスは、一部導入されたが、入社後、一定期間後、正社員として雇用されることになったと思う。

 

エアアジアのフライトアテンダントはみな、美人が多い。

 

おそらく容姿も選考基準の重要な要素だろう。

 

彼女たちの雇用契約の内容は私はしらない。

 

普通なら、友達になっていろいろ聞き取るところだが、そういう「友達」は残念ながらいない。(笑)

 

おそらく契約社員的なものだろう。

 

解雇ではなく、契約更新をしないということは難しくない。

 

容姿が衰えてきたときに、あとから高学歴の若い美女たちがどんどん応募してくるなかで、年齢が上がっていく彼女たちが長く働ける可能性は非常に低い。

 

JALANAのフライトアテンドたちが、子育てと仕事を必死に両立させる、そのために会社側も一定の勤務を配慮するなんてことは、エアアジアの美人フライトアテンダントたちには、夢のまた夢のことだろう。

 

ちなみに、飛行機によく乗る方なら、よくご存じだと思うけれど、欧州やアメリカ系の航空会社も日本と似たようなもの。

むしろ孫の話で盛り上がっているCAたちの話を1度聞いたことがある。

 

f:id:yoshimura1210tan:20171009192934j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20171009192940j:plain