50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

マニラに台風が直撃するらしい。

マニラに台風が直撃するらしい。

 

f:id:yoshimura1210tan:20170912233944j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20170912234022j:plain

これはフィリピン在住の方からすれば当たり前のことです。

ずっと以前にブログに書いた内容でもあります。

 

8月9月10月はフィリピンの台風シーズン。

 

9月12日(火)夜に、マニラに台風がかなり近づくらしい。

 

知り合いのフィリピン人は昼間に市役所に用があって出かけたがクローズしていたのとこと。

 

カラオケはじめ多くの店が閉店になるようだ。

 

日本ではどんなに災害がひどくても役場が閉まることは考えられない。

 

偶然だが、私はフィリピンに移住してから大きな台風に出くわしたことがない。

 

台風で一番怖いのは洪水。

 

水はけの悪いマラテ地域はいったん水があふれると引くのに時間がかかる。

 

ほとんどのマカティ、マニラのコンビニやスーパーはレジ袋を使用していない。

 

ほとんど紙袋。

 

これはビニールが道路などに捨てられ排水管を詰まらせてしまうことを防ぐためときいたことがある。

 

ずっと以前、まだ旅行者だった時にマラテのホテルで台風に出くわした。

 

一晩明けたら、ホテルの前は川になっている。ホテル以外は停電状態。

 

全く外出できず、1日中 ホテルの中で缶詰。

 

警備員は「今、外出したらホールドアップに合う可能性が非常に高い。絶対にやめてください」という。

 

そもそも膝上かなりのところまで水が来ているので外出など全くできなかったのだが。

 

たまたま簡単なレストランも併設されているホテルだったからよかったが、何もないホテルだったら、目も当てられない。

 

基本的にマカティの中心部は洪水になることはないとは言われているが、それほどの大雨を経験したことがない私には何とも言えない。

 

ある程度、進路で予想はできるとしても、コースが外れることもある。

 

1度だけ、「非常に巨大な台風が直撃する!」という情報があり、外出を控え準備をしたが、コースをややはずれ、拍子抜けしたこともある。

 

水や食料を確保しておくこと

現金を一定もっておくこと

目の前で大雨になったら移動をやめること。

 

それくらいしか対応できることはないように思う。