50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

バンコクでエアービーアンドビーでコンドミニアムに泊まる。その1

バンコクでエアービーアンドビーでコンドミニアムに泊まる。その1

 

バンコクに宿泊するときはいつも1泊3000円程度のサービスアパートメント兼ホテルに宿泊していた。

 

これで部屋は十分に清潔。

タオルやベットメイキングもしてくれるし、部屋の広さもホテル並み。

 

私が利用してきたサービスアパートメントには小さいながらジムもついていた。

 

ジムのトレーニングと夜ぐっすり眠れればそれで十分というスタイルであった。

 

ただ難点もいくつかあった。

 

駅からは遠くない(徒歩7-8分)だが、周りはローカルエリア。

1食50バーツ(160円)くらいの簡単な食事はできるが。

 

いかんせん古い。別に部屋の中で本を読んだり、ブログを書いたりはしないので、関係ないといえば関係ないのだが。

 

どうしても気分がパリッとしない。

 

今回、モノはためにしにということでエアービーアンドビーでコンドミニアムに泊まってみた。

 

今日から何回かに分けて、バンコクの賃貸市況や実態、不動産市況をマニラと比較しながら、情報発信してみたい。

 

今回、コンドミニアムの再販売、賃貸の市況を調べてみたが、超供給過剰であると実感した。

 

新築後3年4年と適正価格で貸し出そうとしても、全く賃貸ができない物件がゴロゴロしている。

 

中心部(トンローやアソーク)から2駅、3駅、離れただけて、大量のコンドミニアムが格安で借りられる。

 

だいたい25メートル~30平方メートルで3万円強~4万5000円(1万バーツ~15000バーツ)

 

これは古ぼけたサービスアパートではなく、新築後5年以内の最新コンドミニアムの市況である。

 

私の住むマニラに比べてバンコクではインターネットでの情報が行き渡っている。

賃貸仲介会社のおまとめサイトもあり、一瞬でそのコンドミニアムの再販売価格、賃貸相場がわかる。

 

(マニラの場合も同じように超供給過多ではあるけれど、ネットの情報がまだ十分ないので、供給過多が見えにくい。日系会社を経由して相場よりバカ高い賃貸契約をしてしまう場合も散見される)

 

今までに3つのコンドミニアムに泊まってみた。

平均して1泊4000円ちょっと。22平方メートル~30平方メートル

 

新築後3年以内の最新のコンドミニアム

 

良かった点

内装、雰囲気ともにちょっとした豪華ホテルに近い感じ。

特にベットがサービスアパートとは格段に違う。

ジムやプールも雰囲気がとてもよく1泊4000円で豪華な感じを味わえる

私が宿泊したところは洗濯機も備え付。毎日、洗濯ができる。荷物は少量で済む。

 

今一つだった点

ホテルではないので、シーツやタオルの取り換えはない。掃除もない。

何かあってもレセプションに頼ることはできない。

(たいていの場合、レセプションには一切問い合わせをせずに、オーナーに聞くようにと

予約の時に念押しされる)

 

私が宿泊したコンドミニアムには「デイリーユース、ウイークリーユースは禁止です」と張り紙がされていた。エアービーアンドビーを想定した警告だと思われる。

要するに私たちの宿泊自体、管理規約に照らし合わせればグレーと思われる。

 

少々戸惑ったとこと。

最初のうちは鍵の受け渡しをどうやってするのか、不安であった。

2件は郵便受けの中にカードキーがおかれていた。

1件はオーナーがロビーで待っていてくれた。

チェックアウトはたいてい、メールボックスにカードキーを返すだけである。

 

もし、海外移住を計画するならば、その前にホテルではなく、このようにコンドミニアムに一定期間住んでみて、様子を見るのはとても有効だと思う。

 

私の場合、あるコンドミニアムは駅から1200mも離れていて、「とても長期で住むには不向きだな」と思っていたが、実際に宿泊してみると大きく違った。

 

月曜日~金曜日まではシャトルバスが定期的にでているし、コンドミニアムの敷地内に雰囲気の良い喫茶店、日本レストランがあることが分かり、「かなりいいな」と意見を変えたこともある。

f:id:yoshimura1210tan:20170506203630j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20170506203628j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20170506203654j:plain