読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

パソコンの充電ケーブルを忘れた。

パソコンの充電ケーブルを忘れた。

 

私のパソコンは標準稼働時間が10時間近くあるので、通常は充電ケーブルを持ち歩かない。

 

マニラの自分の部屋に置きっぱなし。

 

帰ったらすぐにそれにつないで充電するというスタイル。

 

先日、バンコクに旅行に行ったときに、ホテルについて気が付く。

 

「ああ充電ケーブルを忘れた」

 

パソコン本体の横の穴はそれぞれの規格があり、同一のものは簡単には見つからない。

 

以前、日本のヤマダ電機で予備用の充電ケーブルを買おうとしたら、「取り寄せになります」と言われたことがある。

 

充電の心配のないスマフォで「バンコク、アダプター購入」などいろいろ調べてみる。

 

どうやら地下鉄のRAMA9の近くのfortune townというビルがバンコクの電気街であることを確認。

 

ダメもとで行ってみた。

 

結果

 

「30分で必要な充電ケーブルを購入できた」

 

この電気街は以前の秋葉原の電気街をちょっと小ぶりにした感じ。

 

まずは、パソコンの修理店のようなところに飛び込んで、パソコンを見せて、充電ケーブル(タイではアダプターといった方が通じる)を探してることを英語で説明。

 

店員同士がちょっと相談していたが、「ここから少し奥の〇〇という店にいってください」というアドバイス。

 

さて数分歩いて行って やはりパソコンを見せると、「はい これですね」と言ってすぐに該当ケーブルを用意してくれた。

 

価格は700バーツ。 2400円でそれからのバンコク滞在中のパソコンの電源が確保できるなら、安いものだ。

 

この間、30分もかからなかった。

 

正直、こんなに簡単だとは思わなかった。

 

恐らく日本国内で同様なトラブルに対応するより早く方が付いたような気がする。

f:id:yoshimura1210tan:20170211201342p:plain

f:id:yoshimura1210tan:20170211201356p:plain