50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

フィリピンで圧倒的に優れたもの。

フィリピンで圧倒的に優れたもの。

 

空気が汚い、治安に問題がある、いい加減な対応が多いなどフィリピンに否定的な話が多かったですが、今日は褒めることを1つ。

 

フィリピンで圧倒的に安いもの。文句なく安いもの。

 

それは「人件費」。

 

いろいろなサービスでも「人件費」にかかる部分が多いサービスは値段が圧倒的に安いです。

 

例えば、ヘアカット。

ローカルな店に行けば100ペソ~150ペソ。

ロビンソンデパートなどに入っているそこそこ店でも200ペソ~300ペソ以下。

 

私が時々利用するのはデリバリーマッサージ。

 

マッサージというとタイが有名だが、私個人はフィリピンのマッサージは全く遜色ないと思っている。

 

自分の部屋で待っていれば、それなりの技術を持ったセラビストが来てくれる。

 

日本でデリバリーというと、性的なサービスが混在している(というか、そちらの方が多い)が、フィリピンでは全く別になっている。

 

1時間250ペソ~300ペソ(550円~650円くらい)。

 

よくマラテやマカティのリトル東京、その他の繁華街を歩いていると日本語と韓国語の小さなマッサージのチラシを配っている。

 

私の経験談だが、こういうところのマッサージはあまり上手ではない。

 

探すならネットで「マッサージ、マニラ、デリバリー」で検索して、紹介されている会社に連絡したほうがいい。

 

自分のホテルやコンドのアドレスを英語で言えるくらいの最低限の会話は必要。

 

フィリピンの携帯電話をもっているならSNSでメッセージを送れば、すぐに連絡が来る。

 

1時間300ペソとして、おそらくセラピストの取り分が150ペソ。店の取り分(送り迎えも含む)が150ペソ。

 

1日に1時間が3回注文あれば、セラピストの収入はマカティの1日の最低賃金を上回る。さらに50ペソでもチップがあればそれは全部セラピストのもの。

 

1日450ペソで8時間、デスクワークなり、セールスレディなり、あるいはファーストフードなりで働くよりはるかに実入りの良い商売になる。

 

そういう理由で、安い豊富なマッサージサービスが提供され続けている。

 

ホテルには専属のマッサージサービスがついている場合も多いが、ホテルの取り分もあるので、値段は高くなる。

 

外部から呼ぶこともできる場合が多い。

 

それでいて、サービスのレベルは変わりないのだから覚えておいて損はない。