50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

マニラのなんちゃって日本料理

マニラのなんちゃって日本料理

 

海外で生活をしていると、刺激が少ないというか、世界が狭くなっていく。

 

毎日が決まったことで単調になりがちになる。

 

そういう中で食事のウエイトは大きくなっていく。

 

居住しているとどうしても、食事は日本料理中心になる。

 

ただマニラではまともな日本料理はかなり高いと思ったほうがいい。

 

いわゆる日本のファミレスやファーストフードと同じレベルの食事を楽しみたいとするならば、2倍以上は出す感覚でいた方がいい。

 

1週間の旅行ならば、1食に1000円だすか、500円で済ますかは、あまり大きな差異はないかもしれない。

 

ただ住んでいるとなると毎日のことなので、常に、費用とそれに見合う価値があるかどうか考えてしまう。

 

マニラには、いわゆる「なんちゃって」日本料理のチェーン店もある。

 

その1つがTOKYO TOKYOという。

 

リーベルトの中にも1店舗あるし、マカティ市のなかに、点在している。

 

から揚げ定食のセットで230ペソ。約480円

味噌汁、ドリンク、デザート付、ライスお代わり自由。

 

その他にも天ぷら、ラーメン、魚フライの定食もある。

 

正直、味は期待できない。

 

から揚げ以外は、味にうるさくない私も閉口してしまう。

 

から揚げだけは、まあなんとか食べられる程度。

 

実は、このTOKYO TOKYO フィリピン居住の日本人には評判がよくない。

 

恐らく「まずい」ということだろう。

 

ただ、私個人としては、許容レベルと思っている。

 

日本橋グループ

blog.livedoor.jp

 

で、似たようなセットを注文すれば、品ぞろえは違うにしても2倍以上するだろう。

 

日本橋グループで料理は、見た目はそれなりにおいしそうに見えるのだが、実際、食べ終えてみると、「この程度のものに500ペソか・・・・・」という感想をいつも持つ。

 

つまり値段の割には全然おいしさを感じないのである。

 

それならば、半額程度で、「まあまあ食べられる」TOKYO TOKYOのから揚げ定食セットを注文する。

 

それでも10日に1回程度のことですが。

 

f:id:yoshimura1210tan:20170203194441j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20170203194449j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20170203194459j:plain

f:id:yoshimura1210tan:20170203194508j:plain