50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

第1回食事会 意外な盛り上がりでした。

第1回食事会 意外な盛り上がりでした。

 

昨日12月14日は第1回の食事会でした。

 

以前から交流のある方お一人Aさんと 初めてお目にかかる方お一人Bさん、そして私の3名でした。

(以下、個人が特定されない範囲で許可をいただいた内容を書かせていただきます)

 

特に決めたテーマがあるわけでもないざっくばらんとした交流。

 

Aさんふと「少し前に購入した都心のワンルームマンションが8年住んでいた人の退去。3か月も空室が続いている。内見は多数あるのに決まらない。家賃設定も同水準のものの中で下限に設定しているにもかかわらず」という声。

 

Bさんからは自身の不動産経営経験から

・照明器具、トイレの取手、給湯設備の蛇口などを少額のお金をかけてちょっと工夫すること

・壁の一面だけもアクセントをつける

・やや高級な芳香剤を内見の時から設置しておくこと

 

など細かいアドバイスがありました。Aさんは「ずっと管理会社に相談していたが、こんなアドバイス全くもらえなかった」と非常に喜ぶ。

 

話はここでは終わらない。

 

Aさんは大手企業をすでに退職して海外投資を中心に生活をされている。

常識的には融資は取れない。

 

ところが彼は自力でいろいろな金融機関を回って政策金融公庫の事業融資を取り付けた。

 

海外法人の預金残高、海外の銀行残高も肯定的に評価されたそうだ。

 

Bさんもサラリーマンを退職しているので、自分で融資を取ることをほぼ断念されていた。

この話を聞いてAさんの利用した支店名などをメモされていた。

 

その他、私のフィリピン生活も「知っている方からすれば何を当たり前のことを…」と言われる程度の内容だが、お二人にはとても新鮮な印象を持ってもらえたようだ。

 

物は試しでやってみた食事会。

 

少人数でも得るところは非常に大きいことが分かってきた。

 

今日はお酒も入る忘年会です。

 

吉村雅夫 個人コンサル&問い合わせフォーム

 

日本で最もユニークな生命保険アレンジ

http://blog.livedoor.jp/m1210yoshiharue/archives/14419257.ht