50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

フィリピンの麻薬汚染の実態  カローカンに住むある美女の話

フィリピンの麻薬汚染の実態  カローカンに住むある美女の話。

 

デトルテ大統領が来日した。

 

到着して最初の集まりが「在住フィリピン人たちの歓迎会」というのが、彼の立ち位置の象徴的な出来事である。

 

こんなことをしても、フィリピンの経済的利益につながる訳ではない。

 

その時間、1件でも大統領に会いたいという有力民間人と会談したほうが、フィリピンの実質利益につながる。

 

また圧倒的な支持率を得る彼からすれば、ここで人気取りをする必要もない。

 

いろいろ裏読みをする私だが、ここは「在住フィリピン人たちと交流したい。彼らを励ましたい」というのが本音のような気がする。

 

デトルテ就任から麻薬関係者の殺害は数千人を超える。

 

あるFBの交流会で身近に殺害、交流の話題を募集したところ
「近所の常習者が殺害された」
「元常習者が口実をつけて殺害」
「売人が事実上、それを牛耳っていた警察幹部の証拠隠滅のために殺害された」

などという情報があふれていた。

 

私は、フィリピンに住まわせていただいているものとして、あまりその政策にモノをいう立場にはないと思っている。

 

オバマ大統領は司法手続きを経ない殺害を厳しく非難し、デトルテ大統領は激しく反発。

 

中国はそれには触れない。日本政府もそれには触れない。

 

私が知り合いのフィリピン人女性の家はカローカンという市にある。

カロカーン市はメトロマニラの北部にある人口100万人程度の普通の市。

f:id:yoshimura1210tan:20161026204834p:plain

彼女は6年前に地方からこの市に移り住んだ。


2LDKの家賃が6500ペソという安さが一番の理由。

母親、自分の子供、自分の弟3人の合計6人で住んでいる。

 

先日、「家に来て」という話になった。

 

私 
「カローカンってどんなところ?」

 

彼女
「危険なところ。昼間から道路には麻薬常習者がいっぱいいる。私は家に入るときに、時々、彼らが私のことをじっとみているので、大通りから家までいけない。ジプニーで1時間のところにいるお兄さんにガードのために来てもらう。私はその間、じっと大通りでお兄さんの到着を待っている。こんな生活はデトルテになっても変わらない」

 

「でも家の中は安全だから来てね」と付け加えられた。

 

彼女はスペイン系 半分 中国系 四分の一の混血。
典型的フィリピン美女。少し着飾って原宿の街でも歩けば、だれもが振り返るような美しい女性。

 

私の生活範囲はマカティとマニラの一部。

 

移動するときはすべてタクシー。

 

そんな生活をしていると実感はないのだが、まだまだフィリピン全体は麻薬中毒者というのは広く、深く根付いているのかもしれない。

 

デトルテ大統領が「麻薬使用者は300万人いる。私は彼らを殺す」と明言し、アメリカが避難するときに、デトルテ大統領は「お前に国内の何がわかる!黙っていろ!」と言いたくなるのも、多くの国民には実感として共感されるのではないだろうか

 

吉村雅夫 個人コンサル申し込みフォール

 

素人による素人のための投資、海外ビジネス&移住生活