50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

ちょっとカンボジア

ちょっとカンボジア

 

プノンペンに来ています。

ちょっと用事があって2泊3日。

カンボジアは2回目。10年以上前にアンコールワットを2泊3日で観光しただけです。

英語で簡単な会話はできるけど、クメール語は一言もわからず、ちょっとストレスです。

以前、ラオスに言ったときはタイの強い文化的、経済的な影響のもと、タイ語で基本的なやり取りができました。それに比べてちょっと不自由。

まだ国連が撤退してから5年を経ていないプノンペン

ポルポト派の虐殺のため、今生きている人で40代以上が非常に少なく、国の幹部はほとんどが30代。

気が付いた特徴をいくつか。

写真はすべてメインブログへ

素人による素人のための投資、海外ビジネス&移住生活

 

・海外からの投資は多く来ている。

・(日本人向けの詐欺案件も相当数あるようです)(笑)

仏教国ということで、マニラに比べてぐっと治安がいいし、ぼったくりも少ない。

少なくともエアポートタクシーは全く問題がない。
(空港のタクシーでトラブルになるマニラが異常なのかもしれないが)


スリ程度はあるが、銃が出回っていないこともあり、ホールドアップは皆無


・基本通貨は米ドル。
カンボジアリアルは1ドル以下の少額の場合使うだけ。
支払いも表示もすべて米ドル。そんな国は東南アジアにはない。

 

・ホテルのスタッフの初任給は200ドル、銀行の初任給が250ドルほど。

・コンビニがまだ1件もない。

 

・日系のスーパーはイオンがいち早く出店しているだけ。
 これが駐在員の土日の最大の娯楽


・外国人向けのコンドミニアム投資(1000万円以上)はすでに供給過多。


・一方でローカル向けのタウンハウスや豪邸など(700万円~5000万円)は見た限りはかなりの売れ行き。

 

・日系デベロッパー グリードが建設中の菩提樹というプロジェクトのうちローカル向けの1700万円前後のものは7割近く完売している。
中間層というより富裕層が一気に増えている印象があった。

・ただカンボジアの女性は日本人感覚では 美しいとは感じられない。


 露骨は表現をすると差別→炎上となってしまうので控えますが。

2泊程度の短期滞在で感じたことをまとめました

 

個人コンサルはこちら

吉村雅夫 個人コンサル申し込みフォール