読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

フィリピンの台風

フィリピンの台風

 

私のこの1年間、たぶん50%くらいはマニラにいたと思います。
(残り25%をバンコク、マカオ、香港、中国南部。残り25%日本)

 

マニラで住んでいると一番気になるのは台風。

 

今日10月16日早朝には台風21号がマニラを直撃するという情報があり、前日から心配していた。

 

幸いにもコースをそれたらしく、時々激しい雨が降る程度で済んだ。

 

台風が直撃したときの影響は日本の比ではない。

 

この1年の半分もマニラにいたのに、たまたま今年は大きな影響を受けたことがない。

 

台風の影響で一番困るのは洪水。

 

道路が冠水して全く交通がマヒしてしまうエリアもある。

 

私の住むマカティ中心部はたぶん、大丈夫だとは思うが、まだ経験をしていないので何とも言えない。

 

以前、まだ旅行者としてマニラを訪れていたときに、朝起きたら、ホテルの前が湖になっていて一日中、一歩も外出できなかったことがある。
このときはマビニのホテルだった。

南国特有の雨の激しさも理由の一つだが、一番の原因はフィリピンの排水施設の不十分さによる。

 

マニラのコンビニで買い物をするとまだ3か所のうち2か所は紙袋に入れて商品を渡される。スーパーでも紙袋の方が多い。

 

これはレジ袋(ビニール袋)が道路に捨てられて排水溝を詰まらせてしまうを防ぐために、あまり配布されていない。

 

洪水の次に困るのが停電。これも一定レベル以上のホテルとコンドならば非常用電源が完備されているので何とかはなる。

 

ただ周辺地域がすべて停電になり街頭も消える。

ホールドアップの危険性がぐっと高まる。

 

以前、マビニにホテルで洪水で缶詰状態になったときに、セキュリティーに繰り返し「外出しないでください」と念を押された。

 

フィリピン生活の注意点の1つでした。

吉村雅夫 個人コンサル申し込みフォール

 

blog.livedoor.jp