50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

ジェットスター航空で マニラ往復。12000円以下。

ジェットスター航空で マニラ往復。12000円以下。


今日はとてもアンチョコなテーマですいません。(笑)

 

11月に2週間ちょっと日本に帰る予定です。

 

お客様対応、個人コンサルの申し込みをいただいた方と直接お会いします。

 

その後、マニラに帰ります。

 

たまたまメールをチェックしていたらジェットスター航空のキャンペーンがあるのを発見。

 

こういうのは座席指定とか預入荷物とかを加算していくとさほどお得感がないことがしばしば。今回は違いました。

 

試しに少し検索していると11月中旬すぎ出発、1月上旬に成田に帰国する便で,

もし、預入荷物なし、座先指定なしならば12000円ほど往復できることを発見。

 

私は片道4000円(往復8000円)余計に出して、座席指定、20キロの預入荷物、軽食、JALマイレージ加算(往復900マイル)、オープンチケット を付けた。


これでも2万円しない。

 

JALマイレージ加算はJAL便の一番安いチケットの半分、マイル加算される。

 

ジェットスターの長所

JALの資本が入っており、やや安心感がある。

・キャンペーンとはいえ、2万円以下で成田-マニラ往復ができる。

   この時期、例えばJAL便はやや高く6万円弱する。

   3分の1の値段はさすがに魅力。
 

   その分 マニラでいろいろ楽しめる。

・片道4000円追加で払えば、いわゆるオープンチケットになり、

    差額を払えば日程変更が可能。

 

ジェットスターの短所

・やはりLCC。シートは狭く体の大きい私には窮屈。

・往路は成田発19:45 マニラ到着23:50と夜中の到着。

 慣れない人には深夜のマニラ到着はあまりお勧めできない。

・復路は マニラ発0:50 成田到着6:05

 深夜便は体調に影響する。50代の私には少々つらい。

 さらに夏のマニラから真冬の日本に早朝に帰国。

 体調に十分注意しないといけない。

 

 それでも今回は2万円弱という東京-名古屋の新幹線往復より安いチケットの魅力に負けて購入を決めした。さてどうなることでしょう?

blog.livedoor.jp