読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

エバー航空で香港-マニラ往復。

エバー航空で香港-マニラ往復。
 
 私は香港、マカオに来る際にマニラに帰る飛行機チケットを用意できない場合がある。

 

香港、マカオでの用事がどうなるか分からず、事前に何日宿泊するのか決められない場合がある。

 

ちなみに、香港やマカオは帰りのチケットを持たずに入国できるが、マニラは何らかのビザを持っている人以外は帰りの航空チケットが必ず必要。

 

2日前にマニラに帰る日が決まり、慌てて探して、決めたのが

エバー航空

 

香港発 台北経由 マニラ行き。往復。

 

エバー航空というと日本人にはあまりなじみがない。

 

スカイスキャナーで日本発、バンコク、マニラ、香港の往復を探していると一番安いチケットの方で名前は見える。

 

ただし、台北での乗り継ぎが悪く、直行便なら4-5時間のところが、10時間~15時間もかかるのがざら。台北で一泊しなければならない場合も多い。

結局は高くつく場合が多い。

 

日本では台湾への往復以外には利用する人は少ないのではないだろうか。

 

今回私が見つけたのは

17;00香港発  台北経由 マニラ到着 23:15
帰りは

18:50マニラ発 台北経由 香港到着  23:40

 

珍しく乗り継ぎがよく6時間ほどで香港-マニラが往復できる。

 

これで18500円ほど。 LCCではなく、食事なり機内サービスもそれなりにある。

3日前にチケットを取ろうとするとLCCでも25000円以上かかる。

 

時間に急ぐわけでもない私はちょっと時間がかかるけど、物は試しと利用してみている。

 

今は台北のプラザプレミアムラウンジでこの原稿を書いています。


香港-台北は個別スクリーンのない小さな飛行機。食事も可も不可もなく。

 

この続きは明日書きます。思った以上のことはありました。

blog.livedoor.jp