50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

またもフィリピン不動産の相談が来ました。

またもフィリピン不動産の相談が来ました。

今回もフィリピン不動産の相談です。

 

5年ほど前にある日本人がアヤラランド ALVEOのマニラ市内おコンドミニアムを大量購入。

総数は少なくとも100ユニットを超えるそうだ。

彼が第1次購入者となって、第2次購入者の一般日本人投資家に向かって販売。
100戸以上をまとめて完成後、ホテルコンドミニアムとして運用するので高利回りのリターンが期待できるという売り込みであった。

 

私は実際にこのコンドミニアムに行ったことがあるが、引き渡しが始まってから10か月以上経過した現在、ホテルコンドミニアムのような雰囲気は全くない。

 

(ホテルコンドミニアム形式の運用が始まれば、専用のレセプションができるのですぐにわかる)

 

この仕組みで買った人の購入値段は、この第1次購入者を経由しないで、直接ALVEOランドから買った値段と同じ。

 

おそらく大量の第1次購入者として10%~20%程度値引きを受けているのではないか。

一般の販売価格とこの値引き分が第1次購入者の利益になっているのだろう。

ここまでは一つのビジネスモデルとして、良い悪いということではない。

 

問題は

 

続きは下記へ

 

blog.livedoor.jp