50代にてリタイア&海外移住 デフレ投資家 吉村のブログ

フィリピンに居住しながら、素人目線で海外投資、移住生活について書いています。少ない資本と収入で最大限の満足をえるデフレ投資家をめざします

フィリピンの韓国人

フィリピンの韓国人

かつてマラテといえば、マニラ最大の歓楽街。
日本人が一番のお客であった。

 

数か月前にひさしぶりにこの地域のカラオケに行ってみた。

3年ぶりくらいになるかな。

 

カラオケとかCLUBが軒並み増えている。

 

かつてカラオケというと実質日本人(名義はフィリピン人妻や恋人のこともある)がほとんどだったが、

最近はフィリピン人経営者もぽつぽつと自分の店を出し、大きくしてきている。

 

実はこの地域は日本人よりも韓国人の方が多いといわれている。

日本人はほとんどが観光目的。

 

韓国人にはこの地域に企業の英語研修所があるようで20代~せいぜい40代くらいの韓国人が多くみられる。

 

日本人観光客の中心は50代以上、40代というとかなり若い方になる。

 

ところがこの地域では韓国人の評判は必ずしもよくない。

 

あくまで私が聞き取った範囲ではあるが、韓国人の評判
・若い人が多いが、乱暴だったり、泥酔して問題を起こすことが日本人に比べてはるかに多い
・女性に対してモノのように扱ったり、見下した態度を取ることが多い
・韓国人は若く、見た目もいい場合が多いのでフィリピン人女性と恋愛関係になることも多いが、子供ができればほとんどの場合は逃げる。
実は日本人の場合はそういうことにならないように注意したり、あらかじめ面倒を見る覚悟の人が多く、割合的にはこのようなことは少ない。

 

素人感覚の予想だが。
韓国には日本以上に激しい競争社会。
必死に大学受験に勝ち抜いてもまともな会社の正社員になれるのは日本の約半分。
フィリピンに研修にくるのは韓国の競争社会でもトップエリートではなくその次の位置の人たち。

 

トップエリートはお金をかけてもらってアメリカにいく。
フィリピンにいる韓国人は競争社会をある程度勝ち抜いてきた自負、自分の上にはもっとエリート層がある現実、そしていつ首を切られるかわからない強いストレスの中で、

 

そのストレスを自分たちより下だと見下すフィリピン人女性に対して知らず知らずのうちに滲み出していくのではないだろうか。

 

それに比べると日本人は
・酔っても丁寧で、おとなしい(あるいは優しく見える)
・韓国人ほどは見下した態度はとらず、比較的まじめにみえる

第2の人生をフィリピンで送る50代以上に日本人にとっては朗報かもしれない。

blog.livedoor.jp